ブログ

断捨離マインドを持った、カッコイイ男子高校生の話

2018.01.20

「片づけられない」からの卒業を応援する
断捨離トレーナー 小林ふみこです。



先日のブログ記事
1月17日に思い出すこと
には、個人的にいろんなメッセージをいただきました。

ありがとうございます。

その中の1通をぜひ皆さまにご紹介したくて!
ちょっと長いですが、ほぼ原文のまま
掲載しましたので、お読みください。



関西にある、高校の先生(女性)からです。




さて、こちらの公立学校では毎年「追悼行事」があるのですが、今日の追悼集会でおもしろい(?)ことがありました。
男子3名が 「追悼集会に参加したくないから帰らせて」 と言ってきたんです。
「なぜ?」 と聞くと、「おもしろくないから」 「生まれる前のこと知らんし」 と。 
最後の一人は、「終わったことはどうしようもないし、これからのことを考えたほうがいい。なくなった人たちもそのほうが喜ぶ」 と言うんです。
私が 「たとえば?」 と尋ねるとしばらく考えて職員室を見渡して
「この部屋、高いところに荷物置きすぎ。地震で落ちたら先生全部死ぬんちゃう?祈るより掃除したほうがいい」 と。

「おもしろい!やろう!」ということで私も集会をサボって、高いところの荷物を片っ端からおろして廊下に並べ分別にとりかかりました。
集会を終え職員室に戻ってきた先生方は驚いていましたが、文句も言わずゴミを集積場に運ぶ男子たちを見てそれぞれ自分の荷物を整理しはじめました。(年末に私が何回も呼びかけたのに動かなかった先生方が生徒に動かされて)
今どきの高校生って…スゴイですね(笑)
おかげで明るく安全な空間を取り戻すことができました。





写真はイメージです。




すごい!!
何、この男子!?

・毎年やってるから…
・亡くなった方のために追悼するのは当然だし…
・全校集会には参加すべき…

そんな、「当たり前」に違和感を感じて
「今とこれから」に焦点を当てて
しかも、それを具体的な行動に移す。

立派なダンシャリアンじゃないですか!!

もちろん、追悼式自体に意味がないなどとは思いませんが
もしかしたら、学校での定例行事となって
気持ちが伴わない形だけ、になっていたのかもしれませんね。



そして、私(小林)がブログでご紹介したいと
お願いしたところ、先生が翌日、
中心となって動いてくれた男子生徒に
掲載の了解をとってくださいました。
そしていただいたお返事がこちら。
↓↓↓



「べつに、俺。寒い所で退屈な話聞きたくなかったからテキトーに言っただけやで?」と照れたあと彼が言いました。
「どうでもいいけど先生たち、地震きた時どこにもぐるん?」
彼の視線をたどると職員室の机の下にイスが収納できないほどの本や荷物をため込んでいる教師が数名いることに気づきました。
「キミの観察力すごいなあ!」と褒めると「そんなんフツーや」と言いながら去って行きました。
職場という日常空間に慣れてしまい新たな気づきがなくなると、防災・避難訓練よりもっと基本的なことを忘れていますよね。




きゃー(≧∇≦)
かっこいい~!
うちの娘の婿にほしい~♡

先生は「観察力」と言われていたけど
彼は、断捨離でいうところの「俯瞰力」を
持ち合わせているのかもしれませんね。

彼のおうちは
きっとすっきり片付いているんだろうな~




彼のように
目の前の状況を把握して、
今の自分に必要なことを見極め
自分が信じたことを行動にうつす力は

これからの若者、だけでなく
私達にも必要なことです。
(この力は断捨離で身につきます!)



そして、素晴らしいのは彼らだけではなく
彼らの言うことを否定したり、切り捨てたりしなかった
この先生も、ですよね。

生徒の提案が素晴らしいから、と
一緒に集会を欠席して
職員室のそうじを始めるなんて…

この素敵な先生は、
何をかくそう、私の小中高時代の後輩なのですよ!

職員室で断捨離を活用しようと孤軍奮闘されているようです。

あー、でも今思えば、
彼女自身、かなり普通ではない生徒でしたけどね( ´艸`)

ま、先生の名誉のためここまでにしておきますが。



大人の言いなりにならない子どもってステキです。

先生の立場では言えないでしょうから
私が代弁しておきましょう(*^^*)



まだ小さいお子さんが
みんなと同じような行動ができなくて…
と悩むことがあったら、、
このかっこいいお兄ちゃんの話を思い出してくださいね(^_-)-☆




■■ご提供中のメニュー■■
==================
■断捨離実践3回コース(ブラッシュアップ講座)→詳細
■断捨離パーソナルサポート→詳細
■お問合せ→こちら
==================


※断捨離®は、断捨離提唱者やましたひでこの登録商標です。
※断捨離講座は、やましたひでこ公認断捨離トレーナーによって行われます。